ジョンガリAの声優やスタンド元ネタに幻覚夢オチ意味不明?最後や3部1部に登場でディオの部下【ジョジョ6部】

ネットフリックスでの全世界同時配信が始まり、その圧倒的な人気ぶりを見せる大人気メディアミックス作品ジョジョの奇妙な冒険』の第6部ストーンオーシャン空条承太郎の娘である空条徐倫の活躍や、多種多様なスタンド能力、ジョースターの血統ディオの因縁など、様々な魅力がある本作ですが、今回はその中でも徐倫の前に立ちはだかる最初のスタンド使いであるジョンガリAについて解説します。

ジョジョの奇妙な冒険は、第3部に登場したスタンド能力という特殊な能力を駆使して戦うバトルが魅力ですが、スタンド能力は強力な代わりに難解で複雑な効果を持つものが多く、場合によってはスタンド能力も理解できず、バトルも何をやっているのかわからないこともあります。その中でも第6部の最初のスタンド使いであるジョンガリAとの戦いは、複数の要素が絡み合い、何をしているのか非常に理解しづらいバトルとしてファンの間で有名です。

一方で、ジョンガリAと承太郎・徐倫父娘との戦いは、序盤における一つの山場であり、同時に本作のストーリーにおける核とも言える部分を形成する重要なエピソードでもあります。また、ジョンガリAはその過去にジョースターの一族と深い因縁があり、それ故に彼との戦いは徐倫にとってジョースターの血統を証明する重要な戦いでもあります。

今回はジョジョ6部で活躍する、ジョンガリAの声優やスタンド、彼がディオの部下であった当時の過去。そして、3部や1部での登場や、意味不明とも言える幻覚や夢落ちなどの解説。最後にどうなるのか?と言った情報をお伝えしようと思います。

目次

ジョンガリ・Aのプロフィール・声優・年齢

名前・ジョンガリA
年齢・35歳。
身長・185cm
声優・日野聡
スタンド能力・マンハッタン・トランスファー

白内障を患っているせいで目はほとんど見えていませんが、そのぶんそれ以外の感覚が鋭く、その特性を活かして狙撃手として活躍します。狙撃手としての腕前は非常に立ち、杖に見せかけた狙撃ライフルを使用しての射撃は、百発百中とも言える命中率を誇ります。

そして何より、用意周到さと執念深さとを併せ持つ非常に厄介な人物であり、一度敵とみなした人間は様々な罠を張り、どこまでも追い詰めます。また、筋肉は信用できない。という名言にもあるように、独特な人生哲学を持ちます。

彼を演じるのは、日野聡さん。『鬼滅の刃』にて煉獄杏寿郎役を演じた事で一躍脚光を浴びましたが、それ以外にも『オーバーロード』のアインズ役や、『ゼロの使い魔』の平賀才人役、『灼眼のシャナ』の坂井悠二役など、正義に熱いヒーロー役から、情け容赦のない悪役まで幅広くこなすことのできる演技力を持つ、高い人気と実力を持つ声優さんです。

ジョンガリ・Aはディオを殺した承太郎に恨みで徐倫を収監させる

徐倫に無実の罪を着せて彼女を収監させた張本人です。徐倫に無実の罪を着せる為に事故を起こし、そののちに悪徳弁護士を使って徐倫に殺人の冤罪を着せました。彼がそこまでして徐倫をGDSt刑務所に徐倫を収監したのは、徐倫ではなく徐倫の父親である承太郎復讐する為でした。

実はジョンガリAは承太郎が第3部の時に戦ったジョースター一族の宿敵であるディオの熱心な部下であった過去を持ち、それ故に、かつてエジプトでディオを殺した承太郎を深く恨んでいました。そして、いずれはディオの仇を取り、ジョースターの血統を根絶やしにすることを目的として今まで潜伏していたのでした。

ジョンガリ・Aのスタンド能力『マンハッタン・トランスファー』の元ネタと強さ

名前の元ネタとなったのは、アメリカで活躍する同名のジャズ・コーラスグループです。ロックバンドの名前やその楽曲を元ネタとする本作のスタンドの中では少し変わり種と言えます。

ちなみに、マンハッタン・トランスファーは毎年来日公演を行うことで有名なグループでもあります。時には伊勢丹のテーマソングの制作なども行っているので、なじみ深い人もいるかもしれません。

スタンドとしての能力は、このスタンドに銃弾を当てることで銃弾の軌道を変えることができるというものです。銃弾の軌道を変えることができるスタンド自体は作中に何度も出ていますが、このスタンドの特徴は常に空中に浮遊し、空気の流れに反応して回避行動を取ります。

この空気の流れに対する反応は非常に鋭敏で、スプリンクラーから放出された水の水滴一粒一粒にすら反応することができるのがこのスタンドの最大の能力であり、こと回避という事であれば時を止める能力を持ったスタープラチナでもなければまともに攻撃できないほどです。そして、スタンド自体の強さですが、能力自体が戦闘補佐に特化している為、スタンド自体に殺傷力はありません。

本来ならば、まず弱いとさえ言えるようなマンハッタン・トランスファーですが、このスタンドの使用者であるジョンガリA自身が非常に腕利きのスナイパーであることで、非常に強力で厄介な能力となります。

ジョンガリ・A戦が幻覚夢オチで意味不明?

ジョンガリAと徐倫との戦いは、ストーンオーシャンはおろかジョジョシリーズの中でも屈指の難解さを誇る戦いです。それは、徐倫と承太郎の二人が揃って同じ夢を何度も繰り返し見るというかなり特殊な能力と状況によるものです。

徐倫と承太郎が見ている夢と言うのは、基本的に面会室の中から脱出してジョンガリAと戦うという内容であり、二人ともその状況が夢だと気づき目を覚ましますが、それもまた夢であり、それが夢だと気づいた徐倫と承太郎が目を覚まします。この状況を何度か繰り返す為、徐倫も承太郎も、そして読者やアニメ視聴者にとっても、どこまでが夢でどこからが現実なのか混乱してしまうのです。

その為、ジョンガリAとの戦いは現実と幻覚の境が非常にあいまいで、幻覚なのか夢なのかわからないオチに戸惑うファンは多いです。しかしこれは、ジョンガリAとその裏で手を組んでいたホワイトスネイクこと、プッチ神父による罠でした。

ジョンガリAの持つスタンドであるマンハッタン・トランスファーの能力は、狙撃した銃弾の軌道を変える能力ですが、幻覚や夢を見せる能力の方は、プッチの神父スタンドであるホワイトスネイクの能力です。そして、ホワイトスネイクはジョンガリAの姿とその能力を夢の中にも出現させるため、猶更にこの現実なのか幻覚なのかわからなくなります。

ジョンガリ・Aの最後ラストは?

黒幕であるプッチ神父と組んで、徐倫に冤罪を着せてまで二人と戦ったジョンガリA真の目的。それはホワイトスネイクの能力によって、承太郎の中から二枚のディスクを奪う事でした。

二枚のディスクとは、魂の力であるスタンド能力を宿したディスク、そして承太郎自身の記憶を宿したディスクです。この二枚のディスクを奪われた承太郎は、そのまま意識を失い命の危機に陥ってしまいます。

プッチ神父とジョンガリAは二人で組んで徐倫と承太郎を嵌める為の作戦を展開していました。その作戦とは、幻覚を見せるホワイトスネイクの能力により徐倫と承太郎の現実と幻覚の境を曖昧にしたのちに、ジョンガリAと戦わせることで、承太郎の隙を作るというものでした。

最終的にジョンガリAはスタンドではなく、本体であるジョンガリA自身が徐倫ストーン・フリーに倒される形で敗北します。しかし、プッチ神父と組むことで承太郎から二枚のディスクを奪うことに成功し、承太郎を事実上の再起不能にしてしまいます。

しかし、こうして承太郎の記憶とスタンド能力を奪うことに成功したプッチ神父は、刑務所で起こった一連の騒ぎの真犯人となってもらうためにジョンガリAを始末します。これにより、その難解で複雑な戦いに反して、ジョンガリAは余りにもあっさりとした最期を迎えます。

まとめ

ジョンガリA承太郎・徐倫父娘との戦いは、その複雑さや難解さから、ジョジョの奇妙な冒険の中でも屈指の意味不明な戦いと言われることがあります。しかし、実際に全体を俯瞰してみると、単に二人のスタンド能力者が組んでそれぞれの能力を発揮していただけであることが分かります。

複雑な描写に反して、意外にも作戦や決着があっさりとしているのは、一つ一つの場面が丁寧に描写されている為、その内容が非常に難解なものに見えるからです。一見すると、理解しにくく意味不明な戦いに見えるジョンガリA戦ですが、その実、丁寧に読み解いていくと非常にあっさりとした戦いであることが分かります。

ジョジョの奇妙な冒険の第6部であるストーンオーシャンは、これから更に複雑かつ難解な能力や、壮大で強力な能力が多々登場していきます。そんな様々なスタンド能力の能力や戦いを考察していくのもジョジョの奇妙な冒険の楽しみの一つです。

これから続々登場していくスタンド能力や、スタンドを使っての戦いはますます激しくなっていきます。それにつられて、その戦いの複雑さも増していきます。

そんなスタンドとスタンド使いの戦いはこれからどうなっていくのか?そしてスタンドと記憶を奪われた承太郎はどうなるのか?徐倫の真の戦いはこれから始まります。

『ジョジョ6部』を安くお得に無料で読む方法

『ジョジョ6部』を安くお得に、そして無料で読むならU-NEXTです!以下にお勧めの電子書籍サイトとU-NEXTでお得に読む方法をご紹介しています。

サービス名 配信状況 特徴
U-NEXT 無料登録で600円分のポイント付与/アニメも見放題
→U-NEXTの詳細はこちら
コミックシーモア 無料登録で1冊半額クーポン付与
→コミックシーモアの詳細はこちら
ebookjapan 無料登録で6冊半額クーポン付与
→ebookjapanの詳細はこちら
まんが王国 購入金額から最大ポイント還元50%
→まんが王国の詳細はこちら
※2022年1月時点の情報です
U-NEXTの特徴

・31日間の無料体験期間がある
・無料登録で600円分のポイントがもらえる
・無料期間中の退会で一切お金がかからず辞めることが可能
・国内最大級の動画配信サービスでアニメの数も膨大
・同時に電子書籍の漫画やラノベの数も膨大
・毎月1200円分のポイントがもらえる
・アニメも見放題で漫画と同時に見れる

という理由からU-NEXTで読むことをお勧めします!管理人の私もU-NEXTを愛用しています!原作漫画を見て、さらにそのアニメを見るといった使い方をしています!

特徴に記載の通り、U-NEXTは31日間の無料体験に登録で600円分のポイントがもらえるので、このポイントを使えば、1巻分無料もしくはほぼお金がかからず読む事ができるんです!さらに無料期間中に解約すれば一切お金がかかりません。

さらに最初の1巻は無料になっている漫画が多くキャンペーンの時期によっては、「ジョジョ6部」も1巻目が無料になっていることがありますので、U-NEXTで確かめてみてください。その場合、2巻目を無料もしくは安く読むことができます!

→U-NEXTの無料登録で1巻無料もしくは安く読む 

ということで「ジョジョ6部」をお得に読みたい方はぜひU-NEXTに登録してみてください!以下に手順を記載しておきます!

今すぐお得に読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録(この時点で料金はかかりません)
無料登録でもらえる600ポイントを利用し「ジョジョ6部」を無料もしくは安く読む

③31日以内の解約で一切お金がかからず辞めることが可能!

\「ジョジョ6部」読むならU-NEXT/

※31日の無料期間中の解約で一切お金がかからず辞めることができます

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる