【動画でレッスンHow to Do画】06. グリーンで構成する作品

2017/08/12

動画でレッスンHow to Do画

皆様こんにちは。

Flower TVの永塚慎一です。

フローリスト・オンラインで、youtube連動アレンジレッスンをご紹介させていただいております。

第5回目のテーマは、「バラにこだわる」でした。

見逃した人は、こちらからどうぞ。

第一回 新年に飾りたい花

第二回 バレンタインデーに贈りたい花

第三回 ホワイトデーに贈りたい花

第四回 可愛いを追求する

第五回 バラにこだわる

 

さて、今月は

グリーンで構成する作品を皆さまに紹介します。

暑い日が続いている夏には、葉物を多様化したアレンジが日持ちも良く重宝します。

また、いろいろなテクニックを加えることにより、同じ葉物でも見栄えでかなり変化したアレンジを制作することができますし、制作する際にも葉物の変化を楽しみながらできると思います。

その葉物の加工の仕方はもちろん、ドライにした葉物との色の対比なども今回の見所となっていますので是非動画で制作ポイントをご覧ください。

詳しくはyoutube、Flower TVの動画をご覧下さい。

花材はドラセナ・ストレチアの葉・ブロンズリーブス(ドライ)・ケマンソウ・アジサイレッドフォックスを使っています。

Flower TVを見る

それでは「グリーンで構成する作品」というテーマでほかの人の制作した例をご覧いただきましょう。

私が主宰するNフラワーインターナショナルのインストラクターの作品です。

 

グリーンで構成する作品01

グリーングラデーションに、アイアンの器が渋い赤、茶、白を浮かび上がらせてくれまた。Asiatiqueな雰囲気のアレンジです。

花材/シースター、利休草、レッドフォックス、グリーンナップル、オーニソガラム、ヤトロファ(ファイヤークラッカー)

 

{ 今回の制作者 }

倉重雪月

Nフラワーデザインインターナショナル講師

Nフラワー下関校・ハウスドクター教室主宰

Nフラワー下関校・町民館教室主宰

雪月 Flower Design 主宰

@snowbranch1144

 

グリーンで構成する作品02

葉物をふんだんに使った爽やかアレンジメント。
カラーのラインで表情を出し、ピンクのライラックをアクセントに。

 花材/カラー、ライラック、テマリソウ、ヒペリカム、ピンポンマム、アルケミラモリス、エメラルドウェーブ、キキョウラン、ソングオブインディア、ミスカンサス

{ 今回の制作者 }

野村季世子

千葉県立流山高校生活科学科フラワーデザインコース卒業。
花屋勤務を経て独立。
Nフラワーデザインインターナショナル講師
Nフラワーデザインスクールちば主宰。
千葉県各地のカフェでのレッスンも好評。
県内及び茨城県の高校でフラワーデザインを教える。
音楽と花生けのコラボレーション、フラワーライブも挑戦中。
カットフラワーアドバイザー、花ソムリエ、花セラピスト。
 

 

来月号は「枝物のラインを生かしたアレンジメントの制作方法」です

ぜひ、ご覧下さい。

文・構成/永塚慎一 Shinichi Nagatsuka

撮影/佐々木智幸

1971年 神奈川県横須賀市生まれ。数々のフラワーデザインコンテストにて入賞・優勝。農林水産大臣賞、県知事賞など受賞多数。ニューヨークフィルハーモニー来日公演、ダライラマ法王来日式典装花、APECフィリピン大統領歓迎式典装花、Jリーグキックオフレセプションパーティ装花など、あらゆる分野で装飾を手がける。現在、大和生花店専務取締役、(一社)Nフラワーデザインインターナショナル代表理事を務める。

http://ameblo.jp/karisuma-f-designer/

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop