「オランダ・ベルギー・フランス 欧州を巡り観るフラワーデザインとライフスタイル」プロ向け視察研修のご案内 PR

2015/06/30

フラワーニュースクリップ編集部だより

フラワーデザイナーと華道家、活躍目覚ましい男性フラワーアーティスト監修によるヨーロッパ3カ国視察の旅。 

時代のキーワード”ライフスタイル”にもフォーカスした、魅力満載の花巡りのご紹介です!!

<案内人>

曽我部翔 (Rock’n’ Rose フラワーデザイナー)

塚越応駿 (いけばな松風副家元)


0001 002flowerandstyle_A4 florist 2

Q編集部: 今回、この旅の企画に”ご案内人”という形で参加されていますが、このツアーの目的は?

A(案内人・ 曽我部翔)”こんな内容なら絶対行きたい!”というヨーロッパの花視察の企画が出来上がりました。ちょうど、フラワーショップがお盆の繁忙期を乗り越えた8月末、オランダ~ベルギー~フランスを花のプロの視点で巡りましょう。遊びだけではなく、仕事をしましょう。メインは買い付けとアイデア探し!です。

Q: ということは、フローリストやデザイナーの方たちにとって魅力的なキーワードが沢山含まれているわけですね。

A: はい、個人の旅行では入る事の出来ないフローリスト向けの資材店での買い付けが可能で、輸入手配まで代行してもらえます。現地の資材店には日本にはまだない面白いデコレーションツールや便利グッズなどもあったりして、すごく魅力的なんですよ。それに、現地のトレンドも店頭でレクチャーしてもらえます。

その他にも、世界最大の花市場であるオランダのアルスメール市場、パリのランジス市場の見学、ヨーロッパの有名インテリア雑誌にもよく取り上げられるインテリアショールームやキャンドル工房などの訪問もあって盛り沢山。まさに駆け巡る感じです。

Q: あえて”ライフスタイル”をキーワードにした花のツアーというのも面白いですね。

A: ツアーというか、視察と謳っているのですが、今の最先端のライフスタイルを見て感じ仕事に活かすべきと思っています。日本伝統の花を活けるという生活様式がまさに我々のライフスタイルのひとつとして存在している訳ですから、それに敢えてより注目しましょうよ、と。花の技術をブラッシュアップするのと同様に。 

最終日には世界最大級のインテリア&デコレーション展示会 “メゾン・エ・オブジェ パリ” に行きます。世界最先端のインテリアデザインは、自身のショップやディスプレイ・作品制作においてたくさんのヒントがあるはずです。それに同業者同士のコミュニケーションはいつもアイデアを共有できたりして、とても楽しみにしています。

ということで、日没が夜の9時を過ぎる夏のヨーロッパで美味しい食事とお酒を楽しみませんか~?
日常の生活からはなかなか生まれにくい新たなアイデアやビジネスプラン。花の本場ヨーロッパの空気を吸って、最新のトレンドやデザインを見て、
きっと沢山の事をインプット出来るはずです。

もちろん、花業界以外の方でお花好きの方は大歓迎です!
普段はなかなか立ち入る事が出来ないところばかりですよ^ ^

 

旅程・パンフレット

http://media.wix.com/ugd/780132_c5e0d60b988a442f8ba8e401fa85e620.pdf

<お問い合わせ>

株式会社ヘルモーイ 

TEL 03 6427 4565

info@heelmooistyle.com

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop