アンダーズ タヴァンとニコライ・バーグマンがコラボレーション 料理と花が融合した、フラワーダイニングを2日間限定で開催

2015/10/05

フラワーニュースクリップ

アンダーズ 東京のメインダイニング「アンダーズ タヴァン」とフラワーアーティスト「ニコライ・ バーグマン」のコラボレーションによる、秋のフラワーダイニングを10月9日(金)と10日(土)の2日間限定でお届け!

「アンダーズ タヴァン」の総料理長による秋の食材を用いたクリエイティブな料理と、ニコライ・バーグマンらしい鮮やかな色彩を特徴とする季節の花々が見事に融合し、ひとつのユニークなアート作品として楽しむことができます。

地域の個性と食材を尊重するアンダーズ 東京のメインダイニング 「アンダーズ タヴァン」の総料理長であるゲルハルド・パスルガーは 今回2人のコラボレーションについて、「シェフとフラワーアーティストは、実は密接な関係にあります。異なる環境にいるクリエイター同士が、完成度の高い作品創りで互いに良きパートナーを求め合うからです。料理は花と、花は料理に調和し、独創的な芸術作品になって皆様のテーブルへお届けいたします」と想いを語っています。

fee13d4c3d7b3590c99f8eb43d75ae77
71f92e798a1ab3c0c6e0881055737d3b

フラワーダイニング

場所: アンダーズ 東京 51階「アンダーズ タヴァン」

東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ

TEL:03 6830 7739

tokyo.restaurant@andaz.com (レストラン予約)

期間:2015年10月9日(金)・10月10日(土)

 

フラワーダイニングは、ディナーとランチ、2種類のコースを用意しています。

ディナーコースでは、前菜にニコライ バーグマン フラワーズ & デザインのシグネチャーアイテムであるフラワーボックス をプレートとして使用し、帆立貝の冷製 キャベツのジンジャー エマルジョンを楽しめます。旬の鮟鱇(アンコウ)は、 赤い花に見立てたビーツやイベリコハムを添えてアレンジ。 鶉(ウズラ)のローストは、秋の収穫物、黒トリュフや南瓜などを あしらい、色鮮やかな季節の花々で彩られたリースとともに提供されます。メインのエゾ鹿のたたきは、付け合せの栗と舞茸と共に、 芳醇なスパイスの香りが詰まった木の幹に飾ります。しめくくりを演出するデザートは、ニコライ・バーグマンの作品 と共に、遊び心を加えた柿のコンポジションを堪能できます。特別な思い出の一つとして前菜のプレートで使われたフラワーボックスを持ち帰れることも魅力のひとつ。

 

スクリーンショット 2015-10-02 11.50.16

ディナー  17:30~/20:30~
5 コーステイスティングメニュー ¥25,000

・帆立 キャベツのジンジャーエマルジョン スダチのキャラメリゼ チャイブ
・鮟鱇 ビーツ 西洋ワサビ イベリコハム ヘーゼルナッツ
・鶉のロースト 黒トリュフ 南瓜 ブリオッシュ サフラン風味のジュ フォアグラとアップルのロリポップ
・エゾ鹿 オータムスパイス 栗のホイップポテト クリスピーな舞茸
・柿 秋のデザートコンポジション
※お持ち帰り用のフラワーボックス付
ワインペアリング ¥6,000

ランチ 11:30~15:00
4コースランチメニュー ¥8,000

・秋刀魚のエスカベッシュ 温かいポテトサラダ アボカド いくら
・根セロリと栗のスープ 舞茸 イベリコハム
・鱸のロースト 又は 鶉のロースト トリュフ 南瓜 ブリオッシュ サフラン風味のジュ
・柿 秋のデザートコンポジション

※ 記載の価格に消費税と 15%のサービス料が加算されます。

Gerhard Passrugger_2

ゲルハルド・パスルガー
アンダーズ 東京 総料理長 兼 料飲部長

故郷オーストリアのザルツブルグにあるシェラトンホテルからキャリアを開始。その後、世界的に有名なウィーンのホテルインペリアルや、ロンドン、シドニー、上海の名高いレストランで経験を重ねた後、2007 年に「グランド ハイアット 香港」の副料理長、 2008 年に「パーク ハイアット 上海」の総料理長に着任(2012 年に料飲部長を兼任)。 2014 年、日本初上陸となる「アンダーズ 東京」の総料理長、料飲部長に就任。料理をすること、おもてなしと喜びを提供することは、彼にとって何よりの歓びであり、そのスタイルで各国のゲストを魅了している。豊富な経験だけではなく、彼の情熱と細部へのこだわりが、パーソナルスタイルを提案するアンダーズ 東京を訪れる一人ひとりに、唯一無二の経験を提供し続ける。

Nicolai1-058

ニコライ・バーグマン

フラワーアーティスト 1976 年デンマーク・コペンハーゲン生まれ

その活躍の幅は広く、フラワーデザイン界に新たな次元を開き、色彩、形、バランス、 細部への眼識を活かすことでファション界、デザイン界にまで地平を広げる。現在、国内に旗盤店「Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store」をはじめフラワーショップやインテリア&ライフスタイルショップを展開している。一方では世界有数の 企業と共同デザインプロジェクトも手がける、今では日本でもっとも活躍する有名なアーティストの一人。

 

今回のコラボレーションについて、ニコライ・バーグマンは次のようなメッセージを寄せています。

「今回、シェフとフラワーアーティストとのコラボレーションを通して、お客様には料理、花を個々に楽しんでいただくのではなく、料理と花の組み合わせから生まれるひとつの“クリエイティブな体験”を 楽しんでいただきたいと思っています。この季節でしか見られない旬の花々や食材を楽しみながら、2 人のアーティストによって作り上げられた作品を堪能してください。一緒に来られる方と驚きや小さな発見を共感しながら、普段とは違う会話のきっかけになったり、また振り返って話したくなるような、記憶に残る経験をご提供できれば嬉しく思います」

2人のアーティストによる独創性に満ちた特別な秋のフラワーダイニングを、ぜひアンダーズ タヴァンでご体験ください。


<アンダーズ タヴァンについて>

アンダーズ 東京の51 階にあるメインダイニング、アンダーズ タヴァンでは、四季折々の日本の新鮮な食材を使ったヨーロッパの地方料理を提供している。総料理長のゲルハルト・パスルガー氏が提案するのは、ヨーロッパの家庭料理にインスピレーションを得た、洗練されながらも一皿一皿にあたたかみを感じるメニュー。朝食はビュッフェスタイルで、ランチとディナーには、アラカルトとコースを用意。ラウンジエリアでは、アフタヌーンティーメニューや週末ブランチなども楽しめる。ダイニング、ラウンジ、バー、個室にわかれた4つのエリアでは、どの席からも東京の素晴しい眺めを一望することができる。

<アンダーズ 東京について>
2014年6月開業。ハイアットが手がける日本初上陸のライフスタイルホテルで、地上52階建ての「虎ノ門ヒルズ」 の47-52階に位置する。8室のスイートを含む164のいずれの客室からも東京の素晴らしい景観を眺めることが可能で、オールデイダイニングやバーのほか、ユニークなイベントスペース、チャペル、スパ& フィットネス 施設を備えている。デザインはトニー・チー氏と緒方慎一郎氏が手がけ、ホテルに日本の文化や心地 よさを取り入れている。また世界中のアンダーズに共通する、自由でクリエイティブな才能が集う「アンダーズ サロン」も、今後継続的に開催される予定。

アンダーズ 東京に関する最新情報

HP www.andaztokyo.jp / FB www.facebook.com/AndazTokyo?

 

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop