花のイベント情報(8月号掲載分)

2018/07/06

花のイベント情報

月刊フローリスト8月号に掲載されているイベント情報です。
花関連のイベントを中心にカルチャー・アートなどを幅広くお届けします。
問い合わせ等は各イベント情報に掲載されている TEL、URLでご確認ください。


◇日本フラワーデザイン大賞2019 出展者募集
フラワーデザインの普及を目的に1年半に1回開催されているコンテストが出展者を募集中。デザイン画による一次審査を通過した作品は、2019年2月に京都で行われる「日本フラワーデザイン大賞2019」で展示。今年のテーマは、「DO IT WITH FLOWERS ~それぞれの春~」で、6部門での開催。プロ、アマ問わず参加可能。出展料有料。応募要項の請求は以下の問い合わせ先まで。
  応募締切:10月1日(月)必着
  問:公益社団法人日本フラワーデザイナー協会
  TEL:03-5420-8741
  URL:http://www.nfd.or.jp

————————-
◇第16回日比谷公園ガーデニングショー2018
ガーデンコンテスト作品募集

10月に開催される日比谷公園ガーデニングショー2018で、コンテスト作品を募集中。ガーデン、ライフスタイルガーデン、コンテナガーデン、ハンギングバスケットと4部門での募集。出品料無料、書類審査あり。出品条件や応募方法は専用窓口まで問い合わせを。
  応募締切:8月3日(金)必着
  問:日比谷公園ガーデニングショーガーデンコンテスト専用窓口
  TEL:003-5635-9955
    (10:00~16:00、※土日祝は除く)

————————-
◇世羅高原農場 ひまわりまつり
約65,000平方メートルに広がる、50種110万本のヒマワリの丘が見どころ。標高540mのロケーションを生かした美しい花畑のほか、花摘みコーナーや風鈴の絵付け体験などの催しも。詳細はホームページより確認を。要入園料。
  日時:7月28日(土)~8月19日(日)
     9:00~17:00
  会場:世羅高原農場(広島県世羅郡世羅町別迫1124-11)
  TEL:0847-24-0014
  URL:http://sera.ne.jp/sunflower/

————————-
◇サンダーソンアーカイブ
ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 ―美しい生活を求めて

19世紀のイギリスにおいて、木版による美しい壁紙を生み出したウィリアム・モリス。モリスのデザインを中心に、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所有する貴重な壁紙や版木など約140点を紹介する。入場有料。
  日時:7月7日(土)~8月26日(日)
     9:30~17:00 ※入館は閉館の30分前まで。
     月曜日、7月17日(火)※7月16日、8月13日は開館。
  会場:群馬県立近代美術館
    (群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内)
  TEL:027-346-5560

————————-
◇安野モヨコ展 STRIP!
PORTFOLIO 1996-2016 漫画家、安野モヨコの20年超の画業から、選りすぐりの原画を展示する西日本ではじめての大規模個展を開催。本展及び、同時刊行画集のために筆をとった、描き下ろし作品も披露。入場有料。
  日時:開催中~7月16日(月・祝)
     10:00~20:00
  会場:三菱地所アルティアム
    (福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F)
  TEL:092-733-2050

————————-
◇サヴィニャック
パリにかけたポスターの魔法

ポスター作家、レイモン・サヴィニャックのかつてない大規模展。フランスの戦後のポスター史を彩る名作の数々を「動物」「子ども」「自転車」「パリ」といったモチーフごとに紹介。原画や当時の写真なども展示。入場有料。
  日時:開催中~9月2日(日)
     9:30~17:00 ※入館は閉館の30分前まで。
     月曜日、7月17日(火)※7月16日は開館。
  会場:三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
  TEL:059-227-2100

————————-
◇松村工芸総合見本市2018
「和、つむぐ」

松村工芸株式会社の取り引き先を対象とした見本市。会場テーマ装飾は、I.Fフローラル・デコの村松文彦氏。「ごめんね」をテーマに全国から地域性溢れる花束を一堂に集めて展示。ブース装飾には松村工芸デザイナーをはじめ、村佐時数氏や吉村美恵氏が携わる。有料イベントではグレゴール・レルシュ氏のトークショーなども開催。事前申込み要。
  日時:7月18日(水)、19日(木)
  会場:TRC東京流通センター 第二展示場Fホール
    (東京都大田区平和島6-1-1)
  問:松村工芸株式会社 東京支店(見本市イベント受付担当)
  TEL:03-5297-2851
  URL:http://mkaa.co.jp/

————————-
◇くらしの植物苑 特別企画
季節の伝統植物「伝統の朝顔」

江戸時代にブームとなった希少な「変化朝顔」や「大輪朝顔」などをはじめ、100系統、約700鉢のアサガオが一堂に展示。今年は人工交配・育種法、メンデル遺伝の研究史にも着目しパネル紹介をする。高校生以上、入苑有料。
  日時:7月31日(火)~9月9日(日)
     9:30~16:30 ※入苑は16:00まで。
     ※8月13~19日は8:30開苑。
     月曜日。※祝日の場合は開苑し、翌日休苑。※8月13日(月)は開苑。
  会場:国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
    (千葉県佐倉市城内町117)
  TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル、8:00~22:00)
  URL:http://www.rekihaku.ac.jp

————————-
◇チャペック兄弟と子どもの世界
「ロボット」という言葉の生みの親として知られるチェコの作家カレル・チャペック。造形作家として活躍する兄のヨゼフ・チャペックとともに、多彩な才能を発揮した。本展では日本でもファンの多いヨゼフの絵本原画に加え、これまでほとんど紹介される機会のなかったヨゼフの油彩やパステル画、ドローイング、カレルによる『ダーシェンカ』の写真やデッサンなど、初公開を含む幅広い作品を公開。入場有料。
  日時:開催中~9月9日(日)
     10:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで。
     月曜日、7月17日(火)
     ※7月16日は開館。
  会場:芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市伊勢町12-25)
  TEL:0797-38-5432

————————-
◇夏休み特別企画  ドクターマキノと道草たんけん
―空飛ぶ胴乱号にのって― 採集した植物を入れる胴乱を肩にかけ、野山に出かけた牧野富太郎。彼によく似たキャラクター、ドクターマキノが植物の知られざる姿を紹介する科学絵本『ドクターマキノの植物たんけん 雑草のサバイバル大作戦』の原画を展示。また、作中で描かれた植物の標本や種子も紹介する。入場無料。
  日時:7月14日(土)~9月24日(月・祝)
    (企画展示)9:30~16:30
    (開園時間)9:00~17:00
     火曜日
  会場:練馬区立牧野記念庭園記念館(東京都練馬区東大泉6-34-4)
  TEL:03-6904-6403

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop