花のイベント情報(5月号掲載分)

2018/04/06

花のイベント情報

月刊フローリスト5月号に掲載されている花のイベント情報です。
問い合わせ等は各イベント情報に掲載されている TEL、URLでご確認ください。


◇日本最大級の花の祭典
「フラワードリーム 2018in 東京ビッグサイト」

2009年より毎年開催しており、今年で第10回目を迎える「フラワードリーム」。2014年から2017年におけるフラワーデザイン競技会「ジャパンカップ」 の総合成績優秀者10名を選出して行われる、5年に一度の大会「グランドチャンピオン選手権」 を開催する。ほか、「2018ジャパンカップ」、「日本の伝統コーナー 伝統園芸植物の展示」、「第11回Happy Rose アワード」 、「花キューピッドグランプリ」、「フラワートレードショー」などを開催する。有料。
  日時:4月14日(土)13:00~19:00
     4月15日(日)10:00 ~18:30
  会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)東2. 3ホール
  主催:一般社団法人 JFTD
  共催:花キューピッド株式会社
  http://www.flowerdream-tokyo.net/

————————-
◇秋桜花シンポジウム2018
フラワーデザインスクール秋桜花がシンポジウムを開催。秋桜花インターナショナルカップ、ワールドプリザーブドフラワーコンテスト本選ほか、ヨーロッパを中心に活躍するデザイナー、レジン・モトマンズを招き、神保 豊とのデモンストレーションの競演を開催。「ブライダル」 をテーマに掲げ、ホテルチャペルの会場装飾をはじめ、花で祝われたさまざまなウェディングシーンを楽しめる。チケット有料。
  日時:6月7日(木)
  会場:ホテルベルクラシック東京(東京都豊島区南大塚3-33-6)
  問:フラワーデザインスクール秋桜花
  TEL:03-3358-9731
  メール:info@shuouka.com
  http://www.shuouka.com/

————————-
◇「ワールドプリザーブドフラワーコンテスト」が作品を募集
フラワーデザインスクール秋桜花が「ブライダル」をテーマに、プリザーブドフラワーコンテストを開催。応募部門はブライダルブーケと、ブライダルアクセサリーの2つ。一次審査は、写真またはイラスト選考により選出。応募締め切りは、5月20日(日)当日消印有効。審査料有料。詳細は問い合わせを。
  問:フラワーデザインスクール秋桜花
    ※問い合わせ連絡先は前掲と同様。

————————-
◇第20回国際バラとガーデニングショウ
世界のバラと美しいガーデニングを紹介する国内最大規模の祭典。日本、そして世界各国を代表するバラ育種会社が一堂に会し、古くから愛されるバラや最新のトレンドのバラを紹介する。会場中央には「バラとガーデン広場」を設け、ワークショップやプログラムを通して、バラやガーデニングの魅力を体感できる。また、日本庭園とバラを融合させた「ジャパニーズローズガーデン」など、多様化するライフスタイルに沿ったガーデンを紹介。入場有料。
  日時:5月18日(金)~ 23日(水)
     9:30 ~ 17:30
     ※入場は終了の30分前まで。
     ※最終日は17:00終了。
  会場:メットライフドーム(埼玉県所沢市上山口2135)
  https://www.bara21.jp

————————-
◇温故維新 ―美・技のSAGA―
幕末から現代までの佐賀の美術の名品を「 美」・「 技」 の2つのテーマで紹介する。「美」をテーマにした展示では、佐賀と関わりの深い美術家150年の歴史をその代表作でたどる。また、「技」をテーマにした展示では、幕末期から明治期にかけて国内外で開催された各種博覧会への出品作や、現代の佐賀の人間国宝の代表作を紹介する。有料。
  会期:開催中~ 5月13日(日)
     9:30 ~ 18:00
  会場:佐賀県立博物館(1~3号・大展示室)、
     佐賀県立美術館(3・4号)
    (佐賀県佐賀市城内1-15-23)
  TEL:0952-24- 3947

————————-
◇GRAPHIC WEST 7:YELLOW PAGES
4年ぶり7回目となる本展では、グラフィックデザイン専門誌「アイデア」(小社刊)誌上でアジアのグラフィックデザイナーを取り上げてきた連載「YELLOW PAGES」を展覧会として再構成。台北のアーロン・ニエ、北京のシャオマグ&チャンズィ、ソウルのナ・キムの若手3組の作品が登場する。入場無料。
  会期:4月10日(火)~ 6月23日(土)
     11:00 ~ 19:00
    (土曜日、6月17日は18:00まで)
  休館日:日曜日・祝日
  会場:京都dddギャラリー(京都府京都市右京区太秦上刑部町10)
  TEL:075- 871-1480

————————-
◇鹿島茂コレクション
フランス絵本の世界

フランス文学者の鹿島茂が30年以上に渡り収集を続け、秘蔵されてきたフランスの子どものための絵本コレクションを初公開。アール・デコ期に活躍した絵本作家アンドレ・エレの作品など、見どころ多数。入場有料。
  会期:開催中~ 6月12日(火)
     10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
  休館日:第2・4水曜日
  会場:東京都庭園美術館(新館)(東京都港区白金台5-21-9)
  TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

————————-
◇開館20周年記念特別企画展
「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」 チェコ・プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世は稀代の収集家として知られる。彼のもとに集められた膨大なコレクションのうちから、ジュゼッペ・アルチンボルドなどの芸術作品を中心に、創造と科学の世界を紹介する。入場有料。
  会期:開催中~ 5月27日(日)
     9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)
  休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
  会場:公益財団法人佐川美術館(滋賀県守山市水保町北川2891)
  TEL:077-585-7800
  http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2017/11/2.html

————————-
◇くらしの植物苑 特別企画 季節の伝統植物「伝統の桜草」
多様な花色、花形のサクラソウを展示する特別企画。江戸時代から現代まで、約400品種700鉢が一堂に会する、公的機関では最大、最長期間での展示となる。江戸時代の伝統的な鑑賞方法を再現するなど、展示方法にも工夫。有償頒布などの情報は要問い合わせ。有料。
  会期:4月10日(火)~ 5月6日(日)
     9:30 ~16:30(入苑は16:00まで)
  休苑日:月曜日(祝日の場合は開苑し、翌日休苑)
     ※5月1日(火)は開苑。
  会場:国立歴史民俗博物館
     くらしの植物苑(千葉県佐倉市城内町117番地)
  TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

————————-
◇第47回笠間つつじまつり
約7ヘクタールの園内に、霧島、日の出、久留米などさまざまな品種のツツジ約8,500株が山一面に植えられる。最盛期には小高い山一面が真っ赤に染められる景色は壮観。
  期間:4月中旬~ 5月上旬
  会場:笠間つつじ公園(茨城県笠間市笠間616-7)
  問:笠間市商工観光課
  TEL:0296-77-1101

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop