elementarium life

2018/08/31

書籍のご案内

「想いが届く、願いが叶うインテリア」
ツイッタ―や女性たちの間で話題の、自分だけの“エレメンタリウム”が創れるワークショップ「#フラワービュッフェ」。

キモチをカタチにして想いを伝える “エレメンタリウム”の魅力が一冊の本に。
植物と天然石の魅力を最大限に引き出すデザインや考え方だけでなく、エレメンタリウムを通じて「人生を美しく、豊かに」する方法や、幸せに生きるためのアイディアがたくさん詰まっている。ワークショップの案内付き。

「エレメンタリウム」とは、制作過程はハーバリウムと似ているが似て否なるもの。

大きな違いは「天然石」を用いてデザインしていること。

「エレメンタリウム」は「精霊標本」という意味の造語。

可憐な花、大きな木、鉱石、
悠然とした大地、雨露、母なる海、
灯火、陽の光、輝く宝石、聳え立つ山々。

そんな自然界にある万物の根源となすものを「エレメンタル」という。

エレメンタルは「精霊」という意味でもあり、
古くから世界中で様々な形で人々を守り愛しそして愛されてきた。

そのエレメンタルをボトルの中に閉じ込め、
エレメンタルが持つ性質と美しさを
極限まで高めたものが「エレメンタリウム」。

「つい美しさに目を奪われ、自分の心を満たすために。」
「大切な人を想い、その想いをカタチにして届けるために。」
「結婚式や卒業式のような人生の1ページを華やかに彩るために。」

手にした瞬間、
もらった瞬間の感動と美しさを永く残し、
ふと目に入った瞬間に「あの時の感動」が蘇り、
また心が満たされる。

太古の時代から人は何かを通して「気持ち」を形に表してきた。

現代において文明が発展したからこそ、
失われつつあるものも多くある。
気持ちを伝えることもボタン1つでできるようになったため、
心が通ったコミュニケーションが少なくなりつつある。

「いつもありがとう」「元気でいてね」「頑張ってね」
こういった想いを伝える機会も少なくなってきている。

「愛してるよ」「ずっと一緒に居よう」
このような気恥ずかしくてなかなか言えない想いもある。

そういった「想い」を「カタチ」にしたものがエレメンタリウム。

たくさんの人がエレメンタリウムを通して想いを伝え、愛を育んでいく。
そんな想いを込めて、「エレメンタリウムの世界」を美しいビジュアルとともにご紹介。

■目次
Chapter 1 : エレメンタリウムについて
エレメンタリウムとは?/ボトルに閉じ込めるエレメンタルたち/天然石とその意味/陰陽五行、風水を取り入れた考え方/
たとえば、こんなエレメンタリウム:オリジン、エレメンタルズ、シーズンズ、イデア

Chapter 2 : エレメンタリウムのある暮らし
恋愛運アップの玄関から行ってきます、窓辺から光と金運を呼び込む、仕事場にはやる気の出るエレメンタリウム、間接照明としても活躍etc./エレメンタリウムとハーブティー

Chapter 3 : エレメンタリウムを極める
基本の作り方/おすすめ素材いろいろ/こんな組み合わせもステキ/もっと極める!
 フラワービュッフェ、ワークショップ、スクールに通ってマスターする

elementarium life

著者名: elementariumdesign&works仙石琢真
発売日: 2018-08-24
ISBN: 978-4-416-61897-4
書名(かな): エレメンタリウム ライフ
判型: A5
副書名: 花と石と暮らす、美しく豊かで居心地がいい時間と空間の作り方
ページ数: 80
定価: 本体1,000 円+税

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop