浮世絵でめぐる江戸の花

2013/12/07

書籍のご案内

江戸時代に頂点を極めた園芸文化。

庶民の暮らしの中に浸透した、花や植物の栽培、鑑賞の文化。

この現代の園芸のルーツともいえる江戸園芸文化を、浮世絵から紐解く。

 

浮世絵に描かれた人々の暮らしと園芸の関わり、

歌舞伎と花、名所と園芸を「知る」「飾る」「遊ぶ」という視点で解説。

 

かつての植木屋さん、花屋さんはどんな姿だったのか?

当時の花や鉢物の鑑賞の仕方などが楽しめる。

世界が認めた日本の花文化を浮世絵から学ぶ一冊に。

04041605_515d264c69fbc

【お詫びと訂正】
本書の内容に下記の誤りがございました。内容を訂正し、深くお詫び申し上げます。以下をご確認ください。??

P26
【誤】両作品とも、斑点のある鮮やかな朱色の花を咲かせるスカシユリです。
→【正】図16はオニユリです。

P82
【誤】鋸葉
→ 【正】鋸歯

P126
図98
【誤】出猩々か
→ 【正】青崖か

P137
【誤】図15と図16と同じスカシユリです。
→【正】図109中央に描かれている紅色のユリはヤマユリです。

P232
図2
【誤】年代:弘化元~4(1844~46)年
→【正】年代:弘化元~4(1844~47)年

図24
【誤】年代:弘化元~3(1844~47)年
→【正】年代:弘化元~3(1844~46)年

P237
図141
【誤】年代:弘化元~4(1844~46)年
→【正】年代:弘化元~4(1844~47)年

 

浮世絵でめぐる江戸の花

ISBN: 978-4-416-71301-3
著者名: 日野原 健司 / 平野 恵
発売日: 2013-04-10
書名(かな): ウキヨエデメグルエドノハナ
判型: B5
副書名: 見て楽しむ園芸文化
ページ数: 240
本体: 2,500 円
定価(本体+税): 2,625 円

購入する

  • Facebookへシェア
  • Tweet
  • Instagram
PageTop